帝王切開ママの会と講座 のご紹介

帝王切開で出産したママ同士 出会って話してみませんか?

心の中の想いを話すことで、フタをしていた自分の気持ちに気づけることもあります。

 

我が子に会えたうれしさはみなさんにおすそ分け

不安や心配は、参加者さんで小さく分けられたらいいですね。  

 

あの日、すぐに抱っこできなかった方は、今たくさん抱っこしてあげたらいいんです。

あの日、自分に拍手ができなかった方は、今たくさん拍手してあげたらいいんです。

どうぞ、がんばった自分を話しにいらしてください。 

 

お住まいの地域での開催ご希望がありましたら、ぜひ場所をご用意ください。

どこでも参ります。

近くにも同じ体験をしたかたがたくさんいらっしゃるはずです。


【帝王切開ママの会】対象:帝王切開出産を体験した女性

帝王切開出産したママ対象にお産の振り返り

思いがけず“自分はするわけがないと思っていた帝王切開”で出産することになり、

情報がない不安、どうなっちゃうかわからない痛みの不安、誰に相談したら良いのかわからない不安と闘ってきたと思います。

そんな自分の帝王切開出産を自身の言葉で振り返ります。

悲しい・痛い・辛い・うれしいを話しにいらしてくださいね。

ランチをご一緒しながら術前、術後、傷のこと、次の出産のことなど帝王切開ミニ講座開催も可能です。

【2~5名 2~4時間(ランチの時間も含む)・2000円(お一人)別途交通費や会場費等

お産の振り返りは、少人数でおこないます。参加者同士の大切な体験をちゃんと聞けるように、同席した子どもたちもお互い気にかけてあげられるように。どうぞ心が楽になる時間を過ごしにいらしてください。


帝王切開講座~安心な帝王切開出産のために~】対象:どなたでも

帝王切開体験者はみなさん、「産む前に聞いておきたかった」とおっしゃいます。麻酔の影響で、自分の出産をきちんと覚えていない方も多いのです。

術前・術中・術後・傷のこと・帝王切開向けのバースプラン・・・体験者が特に知りたいこと、また帝王切開予定の妊婦さんに知っておいていただきたいことを体験者の立場からお話しします。ママに寄り添う仕事をされている方、帝王切開について知りたい方どなたでもどうぞ。【何名でも 2時間】

場所や人数により、プロジェクターのご準備をお願いしています。なかなか見ることができない傷の写真もご覧いただいています。また、場所の広さにより(授乳等の関係で)男性の同席をお断りさせていただくこともございます。ご了承ください。

-----------------------------------------------

 

 

【帝王切開講座の目的】  帝王切開講座でお伝えしていることは→ こちら 
各地で開催させていただいている帝王切開講座の目的は、「体験者の声を伝える」ことです。
お産の振り返りにご参加くださるのは多くが3歳くらいまでのお子さんのママ。ということは、3年以内に帝王切開された方・・・最新の情報が届いています。しかもいろいろな地域の情報が集まってきます。

心と身体に手厚い病院にいらっしゃる方には信じれないようなことが、まだまだあちこちで起きています。
それが第一子、最初の帝王切開だったら、「きっとみんなこんな恥ずかしい思いをしているんだろう。きっとみんなこの悔しさに耐えているんだろう」と思ってしまいます。

 

でも、退院して、別の帝王切開ママと話すと、こんなに優しい帝王切開があるんだと気づいて、自分の選択を受け入れられなくなってしまうんです。
帝王切開を何とも思っていなかったのに、心無い言葉で思いがけず産後鬱になっている女性もいます。

 

「赤ちゃんは生まれる日を自分で決めてきますよ」という言葉は母親学級でもよく耳にしますが、予定帝王切開は、誕生日が担当医の手術日と決まってしまうんです。それが受け入れられない方へのフォローはどうされていますか?
  
帝王切開講座は、どなたでもご参加いただける講座です。
私がどんなに体験者の悲しい思いを伝えても、信じていただけない時もあります。

「帝王切開で落ち込んでいる人がいるわけないでしょ」医療者からよく聞く声です。
そんなとき、講座で同席した体験者が、痛くて孤独だったあの日を思い出して涙されると、「本当のことなんだ・・」とわかってくださったり。
帝王切開で出産したお母さんに、最初に手を添え、声をかける方たちに、ママたちの思いを聞いていただきたいと願っています。

 


専門家に伝える当事者の声 ~産後に傷つかないために 傷つけないために~ 対象:医療者・専門家

「帝王切開で無事に出産できたんだからいいじゃない」

この言葉に、苦しい思いを口に出せず、心に蓋をしたままの女性がたくさんいます。

「陣痛を経験していないと・・産道を通らないと母性が育たないらしいよ」

夜泣きがひどくて子育てに自信を持てなくなったとき、この言葉が頭の中いっぱいになるのです。「そうか・・帝王切開だったから わたしお母さんになれないんだ・・・」

親や知人から投げかけられる心無い言葉に傷ついている女性たちの声を聞いてください。各地で開催している“お産の振り返りの会”では、病院によってまったく違う処置の声も届いています。「手術中の医師の怒鳴り声が本当に怖かった・・・」 何がいやで、何が辛かったか・・・逆にどんな声かけがうれしかったか。17年間に出会ったママたちの声を代わってお伝えしています。

看護学生にもお伝えしておりますのでお声がけください。


【5人に1人の今だからこそ知っておきたい! 私らしく赤ちゃんを迎えるための帝王切開教室】対象:妊婦さん

市区町村・産院等での母親学級にて、初めて出産されるかた向けにわかりやすくお伝えします。
いざという時に備える、ここだけは押さえておきたい 当事者目線の安心のための帝王切開ポイントをお伝えしています。

母親学級で集まった帝王切開予定のママ向けにお話しすることも可能です。


【帝王切開ママの個人カウンセリング】

「自分の気持ちをゆっくり話したい」というかたへ。まだ心が落ち着いていなくて誰かと一緒だと話せないという方もどうぞ。


【帝王切開ママに伝える誕生学】 

赤ちゃんってどこから生まれてきたの?そんな質問に笑顔で答えられるようになるために 【何名でも 2時間】

 

【リピーターズクラス】 

お産の振り返りにご参加くださった仲間ともう一度会ってみませんか? 


【開催ご希望のかたへ】

・帝王切開ママの会は4~5名で開催しています。告知等はこちらでもお手伝いいたします。

 大切なお話しを聴かせていただくので、公共施設、カフェ(個室)など安心できる場をご用意ください。
・講座はどなたでも参加可能、主催していただけます。
 「自分が帝王切開について知りたい!」というかたが主催してくださることが多いです。プロジェクターをご用意ください。

・講座費と、別途交通費・会場費・機材代等が必要になります。

・開催ご希望の方は、取材・講座お問合せ からご連絡ください。