子育て応援隊むぎくみさんでお伝えしました

子育て応援隊 むぎぐみさん から誕生学講座のご依頼をいただいてから、本当に細かいお打ち合わせを何度もさせていただきました。

 

担当してくださったのは、帝王切開でつながってくださったかた。
ご本人は以前も誕生学を聴いてくださっていて、今度はぜひご主人や息子さんに聴いてほしいという思いから、メンバーの皆さまに推薦してくださったのです。

当日は定員を超すお申し込みをいただき、ご家族で、親子で命の大切さや家族として出会えたうれしさをかみしめていただきました。

 

後半は、子どもたちは別室に移動して感想を書いてくれました。
うれしい感想がたくさん届いています。

学年が一番上の参加者さんからの感想は
・今日のお話しを聞いて、ふだん知らないことを知れたり、ついお父さんやお母さんに反抗してしまうこともあるけれど、生まれてきたことに意味があって、大人に成長するために大切なことだとわかりました。

新年度5年生になるお子さん・・・
・お母さんに抱っこされたのは久しぶりだったけれど、うれしかったです。


・・・そうなんです。成長とともに、抱っこも遠ざかりますよね。

新年度2年生のお子さんは
・おかあさんにだっこしてもらってきもちがよかったです。うれしかったです。
いつも生まれてきてくれてありがとうと言ってもらっているので安心しています。

双子なので いつも一人じめはできませんが、今日は一人じめできました。来て良かったなと思いました。

・・・双子ちゃんのお一人はお休みだったので、今日はお母さんを一人占めできたことがとってもうれしかったんですね!

子どもたちが感想を書いてくれている間、保護者の皆さまに、命のことを話せないと性のことは話しづらいこと・・や、身近にいろいろな危険が潜んでいることなどお伝えしました。

 

パパの参加も多かったのですが、子どもたちも男子率高かったです。
そして、盛り上がるときは元気に盛り上がるけれど、私が次のお話しを始めると、また一気に集中するところ、びっくりしました。


会場にはおすすめの本も並べていただき、みなさん「さっそく図書館で探してみます!」とおっしゃってくださったそうです。

当日の参加者さんの胸には、色とりどりのこの子♫
 
わたし、水色にビビッと来ました♡

大切な宝物の赤ちゃんをイメージして折ってくださったのです!!

当日は、保護者の皆さまにお話ししやすいように、担当の皆さんが小さなお子さんの託児までしてくださって、本当にあたたかいお気持ちがいっぱい詰まった講座でした。

むぎぐみのみなさま、ステキな時間をありがとうございました。

むぎぐみさんはこちらです。
http://www.mugigumi.or.jp/index.html