逆子1

私は逆子で帝王切開になりました。
もっとも、逆子の中でもお尻を下にしている安全なタイプで骨盤も広いということで、私は計画的な経膣分娩にトライする気でいました。
ところが、予定日より3週間も前に破水してしまったのです。
具体的な分娩方法をお医者さまと話し合う前に。

お腹の子が危険だと言われ、感染防止の筋肉注射を打たれ、血管を確保され、剃毛を受けて、緊急に帝王切開になりました。

麻酔を打たれましたが局部麻酔でしたので、術中のことはハッキリ覚えています。術前に先生は、「今は帝王切開でも、4人まで産めるからね。」とおっしゃいました。
私の場合、術中いちばん痛みを感じたのは導尿管を通すときでした。
あとは、お腹を切られている感じ(横切りでした)と、ぐいぐいとお腹から娘をひっぱりだしている感じがするだけで、多少の痛みはありましたが、「産みの苦しみ」というほどの痛みではありませんでした。
しばらくして娘の泣き声が聞こえました。ほんとに「ホギャア」と泣くんだな、と感心しました。枕元で娘を見せられて、なんて可愛い赤ちゃんだろうと思いました。

帝王切開の術後が、これほどの痛みの嵐だとは思いませんでした。

心電図と酸素マスクと血圧計と点滴の管でがんじがらめにされて、身じろぎもできず、あまりの痛さに涙とうめきを堪えきれず、痛み止めをお願いすると、1度はすぐに痛み止めを点滴に入れてくれたものの、あまりたくさん投与することはできないから、可能な限り我慢しなさいと言われました。
結局、その晩は、そのあと、2度痛み止めをもらいました。
1度は点滴で、1度は筋肉注射。

朝になると、子宮収縮剤の筋肉注射を打たれました。点滴は3日で外れましたが、筋肉注射の方は、5日間、朝晩の日課となりました。
注射自体が物凄く痛いうえ、10日目の退院時には、両腕が注射の跡で腫れあがって大変痛かったのを覚えています。

施術翌日の夕方、導尿管を抜いて手すりにすがって新生児室まで歩きました。
点滴の針をさしたままの腕に、初めて娘を抱かせてもらいました。
こんなに痛くて、立っているのもやっとなのに、娘は抱けるのが不思議でした。

3日目の朝、胸がぱんぱんに腫れ上がって熱を持ちました。その日は1日中、助産婦さんが入れ替わり立ち替わり、マッサージをしてくれましたが、これがまた痛いのなんの!黄色いお乳で、バスタオルがあっという間にぐっしょりになり、何枚もタオルをしぼって、またマッサージという感じでした。

私は帝王切開を1度きりしか体験していませんが、これから帝王切開を受ける方に言っておきたいのは、
「痛ければ我慢しない。痛い処置はお医者さまや助産婦さんに話して
最低限にしてもらい、痛いときには痛み止めをもらう」
ということです。
痛みには個人差があります。痛いと感じるのなら、痛いと主張することです。
私はつい見栄をはって(?)我慢してしまい、よけいな痛みを損したなあと思います。