このサイトにお越しくださってありがとうございます。

「くもといっしょに」は、2000年にオープンし、生きること、育むことを伝えています。

・帝王切開で出産した方、これから体験するかもしれない方、体験者に寄り添う立場の皆さまに17年の活動から見える“当事者が知りたい・知っておくべき帝王切開のこと”をお伝えしています。帝王切開で出産した女性の8割が心にモヤモヤを持っています。日本でただ一人の帝王切開カウンセラーとして、帝王切開ママのメンタルをサポート。産後に傷つかないために、傷つけないためにぜひ知ってください。「お産の振り返りの会」も各地で開催しています。

・いのちのお話では自分がどんなに大切な存在か、そばにいてくれる人の応援を再確認。保護者には、学校では習えない「あなたが生まれてうれしい」を伝えることの大切さをお話ししています。帝王切開で出産したママも安心して聞きにいらしてくださいね。

また私の2度の流産体験から、大切ないのちとお別れしたことを話す(放す、離す)時間を大切にしたいと思い、おはなし会を開催しています。「くもといっしょに」はオープンから18年めに入りました。

◆2014年12月にこちらのサイトに引っ越しました。以前のサイトはオープンから99万人の皆さまにご覧いただいきました。

                                                 since 2000.2.29                   

当サイト上で使われているあらゆる画像・体験談等の 許可なき転記・転載を一切禁止いたします。



※8/24 帝王切開ママの会 4時間コース開催ですよ~ 詳細は「くらす・くも」へ

いよいよ夏休み突入ですね。

我が家の夏休みは、平日はほぼ毎日子どものバスケットの練習の応援や当番で体育館で過ごし、休日は各地に試合に出かけていました。
大変でしたけれど、振り返るとじつは楽しかったんだな・・・ってわかりました。
子どもたちが大人になって、夏休みもなくなりました。
自分が自分の時間をどう過ごすか・・そちらにシフト中です。
ケガのないよう、思い出いっぱいの夏をお過ごしくださいね!


【お願い】いつもこちらをご覧くださる帝王切開出産の皆さまへ
このたび日本赤十字九州国際看護大学 大学院助産学生の田邉さんより、帝王切開出産した女性へのインタビューのご依頼をいただきました。
田邉さんは、兵庫で開催していただいた帝王切開ママの会にも わざわざ九州からご参加くださった方で、私も面識のある方です。
ママたちの心理面を研究したいということで、「くもといっしょに」もご協力させていただくことにしました。
*直接、面談してお話しできるかたが対象となります。
ご協力いただける方は、詳細をお読みのうえ、直接 田邉さま宛てにご連絡してくださいね。
帝王切開ママの「うれしい」や「悲しい」をぜひ届けてください♪  ↓↓

ダウンロード
インタビュー詳細
田邉さま掲載ポスター.docx
Microsoftワード文書 21.6 KB

◆「ママのための帝王切開の本」(中央法規より2013.8出版)

・本を読んでこちらに来てくださったかたへ

帝王切開で無事に我が子と出会えたことをきちんと受け止めていらっしゃる方はどうぞ次のステージに進んでください。

心の中に、何かが重りのようにあってなかなか笑顔になれない方、

心無い言葉に傷つき、思ったように子育てに進めない方・・・話す、放す、離す場所があります。

あの時の自分に拍手できなかったら、今してあげてください。

あの時赤ちゃんの手を握ってあげられなかったら 今しっかり握ってあげてください。

すぐにできなくても、いつかできるときが来ます。

ただ、その途中に誰かがいたら、回復が早くなるのです。

 

アマゾンにて購入は➡ こちら


💛帝王切開出産したかたたちにアンケートを行っています。

ご協力くださるかたは上部↑「動画・アンケート」からお願いいたします。


【アトファインがご自宅でもネットで買えるようになりました!】

ニチバンから帝王切開の傷に特化したキズ用のテープ「アトファイン」発売!
自分の傷、自分で大切にしてあげてくださいね。
そしてパートナーの皆さんも、ぜひ大切な人の傷のために「こんなの見つけたよ♪」って届けてあげてください。