このサイトにお越しくださってありがとうございます。

「くもといっしょに」は、2000年にオープンし、生きること、育むことを伝えています。

・帝王切開で出産した方、これから体験するかもしれない方、体験者に寄り添う立場の皆さまに18年の活動から見える“当事者が知りたい・知っておくべき帝王切開のこと”をお伝えしています。帝王切開で出産した女性の8割が心にモヤモヤを持っています。日本でただ一人の帝王切開カウンセラーとして、帝王切開ママのメンタルをサポート。産後に傷つかないために、傷つけないためにぜひ知ってください。「お産の振り返りの会」も各地で開催しています

 

・いのちと性のお話では自分がどんなに大切な存在か、そばにいてくれる人の応援を再確認。

どもたちには「自分ってすごい!」を。保護者には、「あなたが生まれてうれしい」を伝えることの大切さや、子どもからの性の質問に明るく答える方法をお話ししています。帝王切開で出産したママも安心して聞きにいらしてくださいね。

 

また私の2度の流産体験から、大切ないのちとお別れしたことを話す(放す、離す)時間を大切にしたいと思い、おはなし会を開催しています。「くもといっしょに」はオープンから18年めに入りました。

◆2014年12月にこちらのサイトに引っ越しました。以前のサイトはオープンから99万人の皆さまにご覧いただいきました。

                                               since 2000.2.29                   

※当サイト上で使われているあらゆる画像・体験談等の 許可なき転記・転載を一切禁止いたします。



「Yahoo!ニュース 特集」に掲載されました!(8/16)

こんなにも、こんなにも、帝王切開出産したママたちの未来を想って下る方がいらっしゃって、朝からうれしい涙を流しました。
いつも大切な場を作ってくださる皆さんが登場されていて、それもうれしい♪PCに向かって手を振っているわたし(^^;

ここに登場してくださっている皆さんだけじゃなく、堺や西宮や八潮や宇都宮や名古屋や島根や大津や岐阜や高崎や新潟や富山などなど、各地に応援団がいてくださることが、何よりの励みです。

ぜひご一読ください! ➡ こちらから
◆ブログは ➡ こちら から


【赤ちゃんゲスト募集のお知らせもしています!】
◆すっかり更新が滞っておりました(^^; 講座の開催報告はブログに書くとして・・・。
お盆は夫の実家の盛岡に一泊してきました。もう義両親とも他界しているので、お墓参りと、甥っ子のところに赤ちゃんが生まれたのでお祝を持って。なんと愛犬も一緒♪初の長旅です。パーキングにはドッグランがあって、休憩をしっかり取りながら行きましたが、それでも普通に戻るまで一日はかかりました。(エサをほとんど食べなくて心配しました)

そして、新婚生活が始まった茨城の鹿嶋にも行ってきました。
子どもたちはみんな仕事やバイトだったので、夫婦で昔を思い出すお盆休みでした。
夏休みはもう少し続きますね。どうぞケガのないよう楽しい思い出を作れるうちにいっぱい作ってくださいね。
9月の講座のお知らせを、「くらす・くも」でお知らせしていきます。
お産の振り返りをご希望の方はお急ぎくださいね。

※9月15日の講座で赤ちゃんゲストを募集しています。

詳細は こちらから。どうぞよろしくお願いいたします。


LINE@ 始めました!詳細はブログから♪
QRコードを読み取って登録してください。(無料です)
「くもといっしょに」の講座情報など、お知らせしま~す。


【LL発売です!】

お産の振り返りでお会いするママたちから、「Lでも足りないんです」という声をお聞きして、ニチバンにその声をお届けしたところ、このたび「LL」が発売されるそうです!

発売日は6/5。
Lでは長さが足りなくて、2枚つなげて貼っていた皆さま、ぜひ試してみてくださいね。

そして、モニターに手を挙げてくださった皆さま、ありがとうございました。

おへその下、恥骨の上に20㎝の傷がある。
赤ちゃんと会うための勲章だけれど、不調も伴っていることもご理解いただけるとうれしいです。
詳細は➡ こちら


♪ぜひご一読くださ~い♪

ニチバンさんの帝王切開の傷あとケアテープ「アトファイン」

http://atofine.jp/

こちらの開発に、当事者の立場から関わらせていただきました。
そしてこのたび、ニチバンのサイトの「専門家の声」に「お母さんの心のケアについて」に執筆させていただきました。

◆詳細は こちら をご覧ください。


◆「ママのための帝王切開の本」(中央法規より2013.8出版)

・本を読んでこちらに来てくださったかたへ

帝王切開で無事に我が子と出会えたことをきちんと受け止めていらっしゃる方はどうぞ次のステージに進んでください。

心の中に、何かが重りのようにあってなかなか笑顔になれない方、

心無い言葉に傷つき、思ったように子育てに進めない方・・・話す、放す、離す場所があります。

あの時の自分に拍手できなかったら、今してあげてください。

あの時赤ちゃんの手を握ってあげられなかったら 今しっかり握ってあげてください。

すぐにできなくても、いつかできるときが来ます。

ただ、その途中に誰かがいたら、回復が早くなるのです。

 

アマゾンにて購入は➡ こちら


💛帝王切開出産したかたたちにアンケートを行っています。

ご協力くださるかたは上部↑「動画・アンケート」からお願いいたします。